彼を不登校から救わなきゃ。そう、思っていた……

いのち、光るとき、短編映画化プロジェクト第一弾

◯ 企画意図(制作の目的)

希少性難病ALDを煩った息子を介護する日々の中で得た人生への気づき。
それを50遍の詩にまとめたのが、書籍「いのち、光るとき」です。

家族との関わり、人としてどう生きるべきなのか、病との付き合い方など、誰の人生にもかかわる普遍的なテーマを、シンプルな言葉でつづった「いのち、光るとき」は、本来誰の心にも届く強さを持っています。

私たちは、この「いのち、光るとき」を、ALDを知らず、関心もない人たちにも読んでほしいと考えました。著者の経歴から「いのち、光るとき」を難病物とカテゴライズしてしまい、敬遠してしまう人たちに興味を持っていただくために、この度出版元である河出書房様および著者の本間りえさんの全面協力を得て、本書に掲載されている詩の中から一遍を選び、オリジナル短編映画を作ることにしました。

「もがき」という詩を元に発想されたこの物語は、過去のトラウマから、不登校の男子高校生に学校に来てもらえるよう奮闘する高校教師の姿を描いています。
仕事や夢で、壁にぶつかり、もがく全ての人に、この物語は共感をもって受けいれられるでしょう。

その結果、物語のベースとなった詩への関心、ひいては「いのち、光るとき」への関心を喚起することができます。

この企画に関するお問い合わせ

◯ 制作方針

クラウドファンディングへの参加、YouTuberによる撮影現場レポート、A-futureサポートメンバーによるエキストラ参加など、様々な人を巻きこんで映画を制作していきます。
また、このプロジェクトはシリーズ化を念頭に置いています。

◯ あらすじ

高校教師の高嶋美和は、受け持ちのクラスに不登校の男子生徒を抱えている。
学校に通えるようにサポートするのが生徒にとって最善な事。そう信じている美和は、学校に来るよう熱心に働きかけるが彼の心には響かない。
美大への進学を第一に考える彼は、授業よりも絵を描く事が大事だと確信していたからだ。
問題を解決するためには、自分が思う正しさを一方的に押し付けるのではなく、まず相手の気持ちに寄り沿う事が大切だと気づいた美和は、彼と一緒に絵を描くことで、彼の気持ちに寄り添う事から始めることにした。

◯ 作品を見てほしい層

20代中ばの働く女性。社会人になって数年。
責任ある仕事を任されるようになり、仕事で壁にぶつかる事も多くなってきた世代。

◯ 主要キャスト(2名)

高嶋美和(26)

高校教師。過去に受け持った生徒が苛めを苦に自殺未遂を起こした苦い経験から、不登校気味の貴文を学校へ戻そうと奮闘する。
真面目で、少し思い詰める性格。
モノローグが多いため、声がキレイかつ、ナレーション経験のある役者だと望ましい。

橋本貴文(16)

学校生活に問題を抱えた末の不登校。と思われているが、実は美大進学という目標を達成するためには、今自分が一番しなくてはいけない事がなにか?を真摯に問いかける自律心に溢れる高校生。
線の細い見た目に、芯の強さを併せもった10代の俳優を求めている。

◯ その選抜方法

知人の役者、監督からの紹介、芸能事務所からの推薦により決定。

◯ その他のキャスト

台詞のある二人の教師役は力量のある知人の役者から日程の合う者をキャスティング。

◯ 作品概要

想定される長さ 7分以内(5分以内が望ましい)
制作期間 7月〜10月
撮影時期 9月中
撮影日数 1日
スケジュール感 07月〜08月半ば:スタッフ&キャストの確定
08月:ロケ地確定・クラウドファンディング開始
09月:撮影
10月:編集、及びナレーション収録作業
完成後の展開 完成上映会
A-futureのサイトにてオンライン公開
国内国外の映画祭への出品
A-future主宰、本間りえさんのイベントでの上映
その他 シリーズ化を視野に入れている。

プロモーションの一貫として、クラウドファンディングの活用、YouTuberによる撮影風景の動画作成も視野に入れている。

この企画に関するお問い合わせ

◯ 制作団体 スタジオランチボックス

オリジナル作品の企画・開発・配給を通して、世界中の人達に優れた映画を提供しつづける事を目的に結成された映像製作団体。
2018年末までの最大のミッションとしてオリジナル長編映画の制作、公開を掲げている。
シナリオコンクール受賞歴を持つライター陣が、一つの企画について智慧を出しあい、シナリオを作っていくスタイルで、人の心をゆさぶる作品が作り続けており、技術力の高さ、判りやすいストーリー展開を高い評価いただいている。

オンライン上でも公開されている代表作には50万再生数を超える作品、シェアが13,000回を超える作品もある。

代表作

三歩、さがって

ごくごくふつーのっ!

主な受賞歴

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭、山形ムービーフェスティバル、東京レズビアン&ゲイ映画祭、福岡インディペンデント映画祭、小田原映画祭、西東京市民映画祭、TSS Short Movie Festival、中之島映画祭
小坂本町一丁目映画祭、TOKATSU Film Festival 他多数