Facebookで広告を打ったことのある方であれば、一度は直面してるであろう20%ルール

バナー広告として使用する画像の中で、テキストが占める領域が20%を超えてしまうと広告が承認されない、
または掲載率が下がってしまうという、他ではあまり聞いたことのない、このルール。

動画制作を中心に行っているスタジオランチボックス的には「うちら動画だから、あんま関係ないな〜」なんて思っていたわけですが。

動画のサムネイルにも適用されてしまうらしいです。このルール。

納品したコンテンツを(クライアント様が)Facebook広告として流用しようとして、この問題が発覚。
もちろん、サムネイルの修正を行わなくてはいけないのですが、ここで少し問題が。

20%って、どのくらいなのか、パッと見ただけじゃ判らない。
いや、サムネイルの上部、または左右どちらかがテキストで埋まってる場合なら感覚で判るのですが、

右上にタグラインがあって、左下に製品名がどどんって掲載されているとか。
左右にテキストが分かれて表示されている。

なんてレイアウトも多々あるわけです。

自社のFacebookページであれば、広告申請をやってみて、デザインを細かく調整するという、トライアンドエラーを繰り返す手法もありますが、クライアント様のFacebookページではそういうわけにもいきません。
目分量で調整したサムネイルをお送りして、クライアント様に試していただくのも気がひけます

なんかないかな〜って調べていたら。
出ました、こんなの。

「画像テキストチェック」

https://www.facebook.com/ads/tools/text_overlay

広告に使う予定の画像を「アップロード」することで、その画像が広告として承認されるかどうかを事前にチェックすることができます。ちなみにFacebookにログインしてない状態でも使えます。


例えば、このサムネイル。
びっしり煽り文句で埋まっているので、当然ながら承認されません。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-14-18-26

そこで、テキストを減らして
再度チャレンジ。
掲載はされるけど、掲載数は減るという微妙な結果に。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-14-27-01

さらに、フォントを小さく、レイアウトも変更して再度チャレンジ。
デザイン的にも、微妙、、、というかダメダメですが、掲載の承認はおりました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-14-31-23

おかげで、クライアント様のお手を煩わせることなく、サムネイルの修正ができました。
めでたしめでたし。


スタジオランチボックスでは、Facebook広告、Twitter広告など、比較的ちんまい動画の作成もお受けしています。
ぜひお気軽にご相談ください。

詳しくは動画作成サービスのページへGO!