ウェブドラマにボイスドラマ。
年間を通して常にオリジナルの企画を進めているランチボックスでは、わりと頻繁にキャストの公募が発生します。

直近の公募枠はこちらの案件

このページではキャスト募集に興味はあるけど、知らない人についていくのは、ちょっと怖いと震えている方向けに、スタジオランチボックスの作品に関わって得られる「いい事」そして「そんなでもない事」をお話します。

いいこと

宅録では味わえない、演技のキャッチボールが楽しめます

スタジオランチボックスでは宅録ではなく、収録場所に一同が集まって収録を行います。他の演者との掛け合いや、多人数でのマイク捌きを、実際に経験することができます。

作品は原則オンライン公開。だから宣材として聞かせたい時に、その場で聞かせられます

ブログに埋め込む、SNSで紹介する、事務所のプロフからリンクを貼るなど、作成した作品はオンライン公開なので、スマホがあれば、どこでも誰にでもその場で聞いてもらえます。

寸志でます

スタジオ収録をお願いする役に関しては、ギャラというか寸志がでます。日頃のバイト代より少しお安い額なのですが…、加えて作品という「宣材」がついてきます^^

(おそらく)そんなでもない事

作品に出て、有名になる

再生数的にはしょぼいので、スタジオランチボックスの作品に出る事で、人から羨ましがられたり、急にフォロワー数が増えたり、といった事態はあまり期待できないです。

業界とコネクションができる

業界に強いコネクションを持つメンバーは一人もいないので、作品に参加し、気に入られ、商業作品デビュー!的な流れは期待できないでしょう^^;
前述したように作品はオンライン上に公開するので、ご自身の宣材としてバンバン売りこみに使ってください。

以上です。
直近の公募枠はこちらの案件
バンバン応募してきてください。