新潟につくと、ホテルに伝言が残っていました。
当日、葛飾に遊びに行っていたおっちゃんからで、明日の朝挨拶だけでもしますか?との事。

http://instagr.am/p/fmYSU/

そんなわけで、今日はおっちゃんと新潟駅前のロイホでお茶。
おっちゃんはいい感じにおじいちゃん化しておりまして、「双子だったウチの親父様も生きていればこんな感じで、好々爺になったのだろうか?」と思いました。

おっちゃんは、かきぴーだの、日本酒だのチョコレートだの、道中のつまみとして持ってきてくれたり、入れる袋がないというと、「いい」と言うのにファミマに袋をもらいに行き、さらに「いい」というのに「この弁当が旨いから持っていって、途中で食べろ」と買ってくれました。

ウチのオヤジ様も「いい」と言っても聞かず、更に「いらないから」的な事をいうと機嫌が悪くなる、というおっせかいな人だったな、という事を思い出しました。

そんなおっちゃんとも別れ、日本海にそって越後線でダラダラと下っていきました。
途中、弥彦神社へと分岐する、吉田、という駅で一時間の電車待ちがありました。

http://instagr.am/p/foT-W/

少し早いかな、と思ったのですが車内で弁当を広げるのもはばかられるので、待合室で弁当を広げました。

http://instagr.am/p/fodfG/

色鮮やかな日本海の幸を見て「おっちゃん、ありがとう」と思わず感動の涙をながす……わけもなく、普通においしくいただきました。いくらがプシュプシュしておいしかったです。

柏崎へと向かう電車の車窓からは、線路のすぐ先が日本海、という風光明媚な場所が続きます。
ぼんやりと車窓を眺めながら、今年はどうしよっかな、的な事を考えました。

柏崎で今度は一時間半待ちということなので、駅の近くをうろつきました。
ドトールなんて物もなく、時間をつぶす場所もなく、駅の待合室に戻りました。
駅の待合室のテレビは音量が大きくて、本を読むにも集中できないのですが、高齢者も多いと思うので、これはしょうがないのでしょうね。

そして待合室にもあるテレビってやっぱ侮れないなと思うのです。
「とりあえずPCでもおいとけば」とか「とりあえずゲーム機でもおいとけば」とかにはならないですもんね。
受動的な人間に対して、一度に大量に情報をばらまける、というのはやはり凄いです。

http://instagr.am/p/fr4n8/

直江津で電車を乗り換えて、後は富山まで一直線。
色々、大きな事も考えました。

映画館はどうなるんだろう?
これからのウェブ動画はどうなるんだろう?

とか。
でも僕個人の事でいうなら、今年力を入れるべき課題は二つ

「アウトプットをどうやって増やすか」
「どうやって上映チャネルを増やすか」

ここまではとても簡単にたどりつくんですよ。でもようは上記2つを形にしていくか?が難しい。

でも、それより大切だよな、と思うのは
「自分が楽しい事をして、見た人を楽しませる」という事。

自分が楽しんでやっていれば、自然と人が集まってきたり、問題が解決したりする
なんて、甘い事は欠片も思っていないのですが、

でも根っこの部分に「たのしんでやる」というのがあるというのは大事。
というわけで明日は都内に戻ります。