と、イキナリサラリーマンっぽい書き出しですが、僕はサラリーマンなので当然なのです。

映画の事しか書いていなかった今までの方が不自然なわけなのです。

でもって上司との定例面接でした。
ほとんど月一でありまして、「今何に困ってます」とか「期末の目標がどの程度達成されたか」とかを報告するわけです。
でもって、会社としてはここを「伸ばして欲しい」的な事を言われるわけですね。

でもって今日言われたのは、というかここ半年以上、ずっと言われている事なわけですが

「リーダシップを取ってください」

まぁ、なんと言いますか僕には、事実上、僕が責任を持つ業務をこなしてくれるスタッフがいます。

僕は、というか基本ウチの会社は上司(厳密には違うのですが便宜上そう呼びます)から、下へと指示を堕ろすというタイプの運営をしないで、スタッフそれぞれが自分の案件のことは自分で管理する、というスタイルなので、世間一般でいうところの、スタッフを管理してくださいとはちょっとニュアンスがチガイマス。

うちの場合の「リーダーシップを取る」というのは

「チームとして目指す方向を示す」事
「その方向にスタッフが進める様に、環境を整える」事

の二つだと、僕は思っています(多分、社の方針とも外れていないと思う)
まぁ今までもというか、前期(9月初頭)から変わったチーム編成の中では、割とよく整備した、と思うし、その事については満足いただけているようなのですが、

さらに上を!

という事なわけです。
もっとこう「こっちの方向に進もうぜ!おまえら!」と言え、と。

自分が正しいと思う方向を定義し、語り、議論し、そして実行せよ!
と、こういうことです。

まぁ、ヒトを使う以上これは避けて通れませんので、文句を言うつもりはありませんが、現時点でいうと苦手です。

でも、きっとこれは映画監督としても、重要なスキルだよな、と思うんですよ。
僕は自分の意見が絶対正しいから、おまいらは俺の手足になって働けよ!こら!
というタイプの映画監督はヤダなと思ってます。

というか性格上なれないす。

でも、だからといって自分がノープランで良いということではないし(ノープランで撮影に入ったことは一度もありませんが)スタッフやキャストの気持ちを先回りして汲んで、理想の目的地を現実に合うよう修正する事もあってはいけないわけです(これは実はやってしまいます)。

なので今回の面接で言われた事は、多分監督としてのスキルアップにもなるはず、と思いまして、
なんとかせな、あかんな。と思っているのです。