最近あまり名前を聞かない、あかほりさとるへのインタビューをまとめた本。チャラい語り口で騙されそうになるが、ものすごくビジネス、そして今で言う所のキャリアパスを意識して、活動してきたんだなぁという印象。武士作家、職人作家、商人作家、という区分けが面白かっただけど、ソコソコ発表の場がある今なら、自給自足でそこそこ食えればいいという農民作家というのもアリだと思うし、僕はそこを目指したいな、と。

  1. aaa

    takahashi

Leave a Comment