既に先週の事になるのですが、視覚障害の方に映画を楽しんでいただこうと、映画に音声ガイドをつけている団体シティライツ( http://www.ne.jp/asahi/city/lights/ )さん主催で、
拙作「著者近影」を上映する機会をいただきました。
場所は障害者福祉会館。
蓋をあけたら、ノリ弁当(仮)
説明するよりも実物を見てもらったほうが分かりやすいと思うので、以下に動画を掲載してみた。
こっちが通常版。

こっちが音声ガイド付き。目をつむって見てみよう!

著者近影は台詞のない作品なので、ガイドも最初から最後までずっと流しっぱなしで、作業がたいへんだと思うのですが、中々の出来になってます。
ガイドの方の声が落ち着いていて、ある種格調する感じます。拙作にはもったいないです!
シティライツさん、どうもありがとうございました。

Leave a Comment