全9話が終了した「放課後のコイバナ」に代わるオーディオドラマの新シリーズ。
その第一回目の収録を3月20日に行いました。

主要スタッフは変わらず、新たにシナリオライターにシナリオセンターの同窓、じゅんころがし先生をお迎えして収録。
「とりあえずやってみよう」と始めた「放課後のコイバナ」に比べて、よりボリューム感のある作品だったのですが、収録時間はわずか四時間。
それでも常連組の渡島さん、加藤ねいさんの手練れ二人がメインキャストだったので、順調に収録は進みました。

ところがここで

私的にハプニング。

一言だけ台詞のある役がありまして、その役をタカハシがやる事に。

1958012_226946994176950_950288311_n
(タカハシ、困ってるの図)

収録4回目にして,初めてマイクの前に立つ事になったタカハシさん。
いやーー緊張しますねーーー。

昔、知人の撮影でカメラの前に立たされる事がありまして、その時に
「カメラの前に立って、演技するとか役者さんって絶対心臓に毛が生えてる」と思った事がありましたが、

今回は
「マイクの前に立って、演技するとか声優さんって絶対心臓に毛が生えてる」と思いましたよ。
ま、そんなハプニングもありつつも順調に収録は進み、予定通りに収録完了。

4月5日に、同じシリーズの2本目の収録があるのでした!

ランチボックスのYouTubeチャンネルはこちら!
名称未設定-2