20140216-233745.jpg

2014年2月16日。朝から晩まで撮影でした。
本当は15日と16日の2日間に分けて行う予定だったのですが、

ぜんぶ雪のせいだっ!

って感じのとんでもない大豪雪のため、早々に回避。
結果、16日一日丸っと撮影になりました。
のんきにこれを書いているという事は、無事撮影は終わったわけですが、
ま〜、ちょぴっと大変でした^^

最初は順調だったんですよ!
当初から16日撮影する予定だった屋内のシーンの撮影までは!

場所は秋葉原にある施設3331
廃校を利用したアートスペースで、ギャラリーとしての利用が多いんですが、
いくつかレンタルスペースもありまして、時間貸しもしてくれるので、そこの会議室を朝一からお借りして撮影。
撮影に特化した場所ではないので、同録にも向かないかもと言われていたのですが、この日はとても静かでスムーズに撮影をする事ができました。

まぁ、順調につつがなく、ほぼ想定した時間通りに終わりまして
出演者と近くのジャナサンで昼飯食べて、
次のロケ地に電車で移動したわけですが!

なんと!
人身事故。
目的地まで後2駅という所で、電車が止まり、アナウンスによると復旧に一時間以上かかる模様。

キャストは夜は別の現場がありますし、
第一、ナレーション収録もしないといけない。
車内でこのまま一時間待つのはあまりにリスキー。
どうしよう?

とりあえずスマホのマップを表示して、僕らが足止めを食らった駅の近くに、予定したロケ地に似た条件の立地がないかを検索。
ありました!
急遽プランを変更してその駅で下車。それなりの数の機材を背負って、駅周辺を急遽ロケハン。
「まー、ここらで妥協しようか、な」というポイントを見つけて撮影開始。

ところが!
風が強い。えらい強い。吹き飛ばされるんじゃないかって位の強風で僕の体も、一脚も、風が吹くたび揺れる揺れる。
しかも中途半端に残った雪が画面内に入り込んでしまったりもして、必要最低限の情報はあるけど、加点がされていないという感じのビジュアル。
いまひとつ満足がいかなかったので、駅まで戻り、当初の予定ロケ地へ行けるどうかを模索したのですが、電車は復旧こそすれども、全然ダイヤ通りに動いていない状態で、ここは諦めて、ナレーション収録を行うために次の場所へと移動しました。

収録現場は偶然にも、この一年位僕にとってはかなり土地勘のある場所でして、前前作でも撮影に使用していました。
キャストさんの提案もあり、せっかくだから前に使った場所で、もう一回さっきのシーン撮ってみましょうか?
という事になり、またまた重い荷物持って移動。

これが良かった。
土地の形状なのか、ほとんど風もなく、時刻的にもシーンが求めている物にうまくマッチして満足のいく絵が撮れました。
残りのナレーション収録は問題なく進み、結局18時半には無事終了。

まぁ、終わってみれば予定通りだったので、良かったかなという感じ。
このブログは、データを吸い込みながら書いていまして、まもなくそれも終了します。

さー編集やでー。

ランチボックスのYouTubeチャンネルはこちら!
名称未設定-2