ジム・キャリーの独演会の様な作品。シンプルでオーソドックスで、それはそれで手堅い仕事をしていると思うけど、キャリーのパフォーマンスが加わる事で、作品のポテンシャルが格段に上がったと思う。好き嫌いは出ると思うけど。

Leave a Comment