世間はどうやらGWまっさかりらしいですが、僕はカレンダー通りですので、本日はお仕事でした。
まぁ、気持ちの乗らない事MAXな感じではありましたが、
先週の後半位から、ポツポツと巻いておいたキャスト募集の件やらに反応がありまして、その段取りとか考えていると楽しくて仕方ない感じ。
ちなみに土曜日は、主演をやっていただこうと思ってる役者さんと打ち合わせ。
お引き受けいただけるとの事で、まずは一安心。
かなり当て書き状態だったので、お断りされたらどうしよう?と内心バクバク物でした^^;
まぁ、そんな幸先のよいスタートを切った新作。タイトルがイマイチなので、バーンっと発表するのを躊躇ってますが、まぁ割とここまでは効率良く進んでいるんじゃないかなと思います。
でも道のりは長いです。
今回は、高橋史上初の音声さんをどーしてもつけたい作品なので(というのも台詞がとても多いので)そちらの準備もボチボチ始めています。
と、いっても、友達に「録音できる人いない?」と探しているだけの状態ですが。
まぁ、こちらもそろそろ探しまわろうと思います。
でもって、融解座。
震災後初で、久しぶりに作品を持って行きました。
いやぁ、昔の作品なんですが、これも音声がボロボロで。
「やはり今回は録音をなんとかする!」と心に誓った次第です。
というわけで、引き続きランチボックスでは、キャスト、そしてスタッフ(特に録音)を募集しています。
以下の内容にご興味をお持ちの方。
まずは、こちらまでメッセージをお送りください。
内容:
隠れゲイにして非モテの韮崎が、
生徒の四方津(ゲイ)の失恋の痛みにつけこみ、
自分のモノにしようと画策するヒューマンコメディ。
登場人物:
韮崎保(32)、四方津優(17)、初狩舞人(17)、石和康祐(37)の4名。
うち、現在募集しているのが、四方津優と、初狩舞人の2人です。
求める人物像
四方津優(17):役的には2番手になります。
20代前半までで、高校生に見える人。線が細く、大人しいイメージ。背は170無い位だとうれしい。台詞が多いので、演技経験(※1)は必須。
(※1小劇団の舞台を複数回踏んでいる。自主映画出演の経験が複数回ある。)
ゲイ役ですが、それっぽく見える必要は一切ありません。
初狩舞都(17):四方津が恋している相手です。
笑顔が爽やかなイケメン(に見える)20代前半で、高校生に見える人。
演技経験があると望ましい。現状台詞がありませんが、作るのは応相談です。
撮影日は、5月から6月中に2日から3日。都内。(日数は役によって増減しますがMAXで3日を見込んでいます)
完成尺は15分ほど。
ギャラなどは応相談。(自主映画なので、寸志レベルになると思います)
ご興味をお持ちの方。
まずは、こちらまでメッセージをお送りください。

Leave a Comment