事件の猟奇性以外、これといって個人的に目を見張る物がなかった前作と比べ、今回は事件そのものよりも、そこに至る事情が丁寧に描かれていて、後半やるせない気持ちになる。日下、姫川が互いを牽制しながらも捜査を進める辺りの軽さと、上手くバランスが取れていて、最後まで飽きる事なく読める。

Leave a Comment