ドラマの背骨となる設定が、我々世代では思い至らないモチーフで新鮮に感じた。その人の嘘は本当に客にばれないのか?をもう少し意識すると、よりスッキリして良かったと思う。しかし羽賀研二。もう途中から羽賀研二にしか見えなくなってしまった。

Leave a Comment