今となっては大御所のミステリー作家達が、文体、キャラクター、プロットといった執筆に関わる個別事象に関して、自分たちの執筆方法を開示していく。「あるある」というエピソードが満載で、巨匠ですらそうなのだから、僕がそうなってもちっとも問題ない、という変に安心する内容。


ミステリーの書き方 (講談社文庫)