※このエントリーで制作したオーディオドラマは現在絶賛YouTubeで公開中です!


第二話「ざ・せーしゅんてきな思い出」

以上、宣伝でした♪


オーディオドラマの収録をしたでお伝えしたオーディオドラマの編集もそろそろ終わり。

初めてやる事なので、なんだかんだ手際が悪かったりして、同じような作業を二度してしまったりして、予想通り時間がかかってます

音しかないので映像編集に比べて簡単な部分もあれば、音だけ故の難しさもあるけど
今までと違う難しさを感じるのは「続けていく」事前提の物作りだって事。

短編映画はタカハシの場合は一年に一回のお祭りモードで、次の事とかあんま考えず、いざとなったら力業でねじ伏せてしまうわけだけど、
このオーディオドラマはそもそもが

YouTubeで継続して配信できる番組を作る

を目的に始めているので、
コンスタントに、粛々と、安定したクオリティの物を提供していく必要がある。

どうしたらもっと効率よく(クオリティを下げずに)作れるか?という作業フローの改善という話もあるし
「番組」に仕立て上げるための構成を考える事とか。(シリーズなわけだからシリーズタイトルがいるよね?とか、シリーズにするための内容の縛りとか)
他の「番組」も合わせて見てもらうための施策とか、コスト配分とか(一本作って終わりじゃないので)
クオリティとリソース、時間とのバランスとか(次の作品まで1年充電とか出来ないので)

短編映画を作ってる時には、考えなかった事にまで気を配らなくてはいけない感じで、
それが今割と手こずってる部分でもあり、面白いなぁ、と思う部分でもある。

意外と映画祭とかイベントを打つのってこんな感じなのかな?って思った。