中盤、ビジネスが軌道に乗ってきて、コアバリューを決める辺りが、この本の白眉だと思う。前半はあまりに個人的な事柄に終始し、後半は少し思想とか哲学とかそちらによりすぎて、ビジネス書としては少し食い足りない印象。顧客第一を掲げるザッポスの、ではどの部分が顧客第一なのかに紙面を割いて欲しかった所。

Leave a Comment