「食えない」事の代名詞の様な小劇団を舞台に、組織運営し利益を生む事の大変さをしつこい位強調している所がこの作品の目のつけどころの良さだと思う。小さなエピソードを重ねた小劇団員の生活はとりあえずリアルを感じさせる。軽い文体を読みやすいとみるか、物足りないとみるかは、好みの問題だけど、僕はもう少し骨があってもよかったかな、という感じ

Leave a Comment