中高生の淡い淡い恋を描いた短編集。きわめて普遍的な恋愛模様ではあるものの、設定が非現実的なある種ファンタジーっぽい感触。個人的には「小梅が通る」が一番好き

Leave a Comment