カリカチュアされた演技と、シンプルな美術の効果で、軽やかな作品になっている。後半のお父さんと義理の息子のやりとりが、「長いよ」と思ったんだけど、ただあの一連の流れがあるから、その後の承認のシーンが、胸に響いてくる。

Leave a Comment