監視社会への懐疑と、強烈なメディア批判がビシビシぶち込みながら、キッチリ「娯楽」の線を飛び越さない所が素晴らしい。構成は伊坂作品にしては大人しめですが、張った伏線をピシパシ綺麗に嵌めてくる所は、伊坂さんらしい。

Leave a Comment