今回は色調整と映像の補正について書きましょう。
いわゆるカラコレと言われるパートなわけですが、僕は映像のカラーコレクションについて勉強した事がありません。

ウェブデザイナーを長くやってますので、
写真の色加工は仕事としてやったことがあるわけで
「たいして変わらないだろう」
と、まぁその知識を利用して(アバウトに)やってます。

でもって、このパート。
どんだけ言葉を尽くすより実際、どうしたかを示した方が理解が早いと思ったので、
幾つかスナップを掲載します。

たぶんこれが本編映像の初公開とあいなります。
ではいきましょう!

1.
07

07
元々のシーンでも、問題はないと思っていたのですが、主人公の晴れやかな気分を強調したくてバックの緑を鮮やかにしてます。
全体的に明度を少し上げて(やりすぎると白飛びするので)
緑と黄色の色成分の彩度のみを上げてます。
さじ加減が難しい部分。

2.
07

07
明け方感を強調したくて、全体的に明るさを抑えた上に「朝夕の光には赤みが乗る」というCG屋時代の知識を元に(ホントかどうか微妙)、ピンクよりの光に変更しました。
でも夕方っぽい気がしますね^^;

3.
07

07

主人公のアウェイ感というか寒々しさを強調したかったので、彩度を抜き、寒色系の色を上から乗せて重ねた感じ。
ついでに右端に手前の人物の手が入っていたのですが「邪魔だな」と思って消してます^^;

とまぁ、こんな感じで、シーンに合わせて色をいじっていきました。
前半は撮影時そのままで、後半に行くにつれ色いじってる感じ。

というわけで、
あとは、発注済の音楽が来て、整音が終わるのを待つのみ……となります。