家に引きこもり、さらに紅白から逃れるため部屋に引きこもる、るかっち今年の最後のエントリーです。
さて、今年の事。
結果だけをみると、ご存知のように
ぜっこーーちょーーー
な一年でした。
こんなに問題が起こらずに、かつ努力以上の結果が返ってきた年は、人生振り返ってもないんじゃないか?という位、恵まれた一年でした。
今年は人との出会いにも恵まれまして、その出会いが更にアウトプットを引き上げてくれるという、いいサイクルで一年を終えられた事はとてもよかったと思います。
仲間が増えて、別荘だったり、バーベキューだったり、撮影会だったり、ワークショップだったりに誘ってもらえて毎日楽しいな、という事もありますね。
なんか、こう結果だけにフォーカスすると、よかったよかった。では来年もよろしく!
となりそうですが、
結果が良いとそれはそれで、新たな課題も出てくるもの。
個別にみると
○シナリオ
講師には飲み会のたびに
「発想は抜群にいいけど、シナリオがまだまだ下手だ」と言われます。
下手だ!ですからね^^;
あまりに下手下手言われるので、年末は月間シナリオ教室をずっと読んでました。
実際問題、小道具の使い方とか、話の盛り上げ方とか、まだまだまだまだなので、うまいシナリオをかける様にもっと勉強していかないといけないなぁ、と思っています。
○映画
作品のクオリティは、まぁ僕の実力そのまま反映された物ができたな、という印象です。
「入選はするだろうけど、受賞は無理」
という自己評価だったのですが、ポロポロ入賞してしまったので、ちょっと戸惑っています。
理由を考えて、まぁ一つの結論に達したので、来年以降はその結論に沿って作品を作っていこうかなと思っています。あと分業したいね。
○仕事
部署も変わり、やる事もかわり、ばたばたとした年でした。自己の責任で決める範囲が増えたのはいいけど、業務範囲が広いので、なんかすべて中途半端、という印象も個人的にはあります。
とまぁ、後半にかけて、実は克服すべき課題が浮上してきたのも事実。
来年は、よりクオリティや、製作フローに気を配りながら、効率よく、そして楽しく創作活動をしていければいいと思いますね。
というわけで、今年一年るかっちにかまってくださった皆様
どうもありがとうございました。
来年もよろしくお願いします!
ではでは、よいお年を

Leave a Comment