きわめて普通の探偵者雪山山荘ミステリと思わせつつ、ちょっと意外な結末を見せる意欲作。○○らは○○○○なのかな?までは見切れたのですが、その上を行くトンでも度。怒る人も出るギリギリのラインのトリックだったかなと。まぁ小説として普通に楽しめる作品になってます。

Leave a Comment