小説としては、とても軽いなぁ、という印象。映像のシナリオが前身だいう事なのでビジュアルの見せ場や、全体のテンポ、キャラクターがとても映画的。でもやはり個人的には軽すぎる、という印象。

Leave a Comment