十六年過ごしたパートナーの死を、若く美しい青年との出会いで、乗り越えようとする話、という風に取れなくもない感じ。割と普通に劇映画していたのが意外でした
iPhoneからの投稿

Leave a Comment