脚本こそが映画の命であるという事を、これでもかと見せつける大傑作。反射的に、渡すまいとした手の動きに泣く。

Leave a Comment