日々の生活がおびやかされても、立ち向かったりせる、ただ脅威から遠ざかる事を選ぶ。活劇としては盛り上がりにかけるが、おそらく殆どの市井の人間の行為だと思う。そういう意味でも小さい世界観のまま、むやみに大風呂敷を広げなかったのは正解だったと思う。劇中での生活音の使い方が巧。

Leave a Comment