シーケンス 01_2

わりと順調に来ていた新作ですが、
ここで結構な大問題に遭遇!

カメラマンと録音さんがいない……。がーん!

高橋は二年前から正式に撮影と録音をプロの方にお願いしていて、
今回も同じ方にお願いしようと思っていたのですが、

両者とも4月、5月は忙しい。6月なら……。

という回答。

スタッフさんって重要なので
一瞬「6月まで待とうかな」っと思ったのですが

・この先もこういう事は起こりうる(売れっ子だし)
・ここらで別の人と仕事して,経験をつみなさい、という天の声

と思い直して、5月中に動ける方を探してみる事にしました。

とは言いつつ、仲良くしているのは役者とシナリオライターばかりという
技術畑とは縁遠い高橋に、直接の知り合いがいるはずもなく^^;

怒濤の「紹介してください」攻勢をかけまくる事に

ぶしつけなお願いにも関わらず、監督さん、役者さん、音楽の方などが色々動いてくださって、
その甲斐あってお会いしたカメラマンの中から、お願いしようかなと思える人が見つかりました。
(まぁこれまた日程次第なのですが)

あとは録音さん。
お会いしたカメラマンの一人が「録音の人は少ないから、うちらも苦労する」的な事を言っていた通り
こちらは現在進行形で苦戦しています。

これまた一瞬
「知り合いの監督とかに竿持ってもらって、とりあえず声だけ拾うってのもアリかな」
と思ったりもしたのですが、うちは台詞量が多いので録音さんは必須だよな。

そう思い直して少し粘ってみようと、頑張って現在進行形で探しております。

まぁ、こんな予想外の(実は伝わってくる話から少し予想はしてたのだけど、人間ってねー都合の悪い事は見なかったフリをする生き物だからねぇ)
事態が起こった事もあり、
今週末まで待って確定しない場合、当初撮影日程として狙っていたGW空けの週末だとちょっと慌ただしい感じになってきて、
日程仕切り直すべきかもなっと思い始めています。

商業だから〆切りがあるわけでもないし。
今さら、中途半端な物作ってもしょうがないという想いもある。

前の記事を読む目次をみる|次の記事を読む