nirasaki

久しぶりに「ごくごくふつーのっ!」の話題です。
昨年上映していただいた、東京国際レズビアン&ゲイ映画祭様のご厚意で「春の名作劇場」にて上映してもらえる事になりました。

最初電話で「めーさく劇場で上映したいのですが……」と言われた時には

「まさか名作ではあるまい。迷作だろう」

と思ってしまったのですが、恐れ多くも「名作劇場」で流していただきます。

個人的には既に一昨年の作品なので、
アラが見えてしょうがない!
という時期も過ぎて、割と一観客として楽しめるようになってきています。

そして、大げさじゃなくて、

映画制作者としての道を大きく切り開いてくれた

大事な作品です。

この時は「ふつーに生きたい」と書いているのに
次の作品では「ふつーじゃなくちゃいけないのか」と書いている。
人は少しづつ変わっていくんだなぁ、と思ったりもします。

さて日程は以下の通り。

■日時
2013年4月29日(月・祝)

■会場
東京ウィメンズプラザ ホール
東京都渋谷区神宮前5-53-67

http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

■スケジュール
12:45pm-14:00pm 短編セレクション

日本&アジア短編セレクション

●ごくごくふつーのっ!
監督: Studio LUNCHBOX / 2011 / Japan / 16min / Language: Japanese  ※英語字幕付き
ゲイの高校教師に、男子生徒が「同性を好きになってしまった」と悩みを打ち明ける!その好きになった相手とは?!

●アンコール / 再演一齣戲
監督: 練健輝(アンソニー・レン)

●TSUYAKO
監督: 宮崎光代

■料金
1,000円(学生 800円) / 1プログラム
2,500円 / 3プログラム

■チケットの入手方法
当日券は午前9時30分から全作品の整理番号付きチケットを会場受付にて販売します。
開場時間になりましたら、整理番号順にご入場ください。
また、前日4月28日(日)に開催される『東京レインボープライド2013』の会場内、
東京国際レズビアン&ゲイ映画祭のブースにて前売券を販売いたします。
完全入れ替え制です。