というタイトルが思い浮かんで、それで一本書こうと思ったのだ。
彼の家には、イケテル服がなく、それが不満な彼は
「ダサい服なら着たくない。それならいっそマッパでOK」と両親に宣言して、家を飛び出して
ボクサーパンツしか履かずに(17歳位)、全力で公道をダッシュする。
という所までは、パパと浮かんだ。
が、そこまで。
そこからは発想も腰砕け。というか枝葉ばかりを書き連ねて一向に前に進まない感じになったので、これは練りこみ不足だな、という結論に達し、諦めた。
その内熟成する事を祈る。
……するのかな。というかしてもやってくれる人いるのかな。

Leave a Comment