表題どおり、人生初のkindle本を買いました。
誰が音楽を殺したか?

という本でして、もともとは「週間ダイヤモンド」の特集記事だったものに加筆修正をして、電子書籍として独立させたモノ
お値段は100円。

ちなみに、意外と知られてないかもですが、kindleの電子書籍って別に専用端末なくても、読めるんですよ。
AmazonのIDを持ってて、アンドロイドとか、iphone、とか使ってる人なら、アプリダウンロードすれば読む事ができます。

ボクも今回はiphoneで読みました。

本自体も100円だし、ボリューム的にもお値頃感のある内容だったんで、納得感があったのですが
それよりも、この

「週刊誌の特集をばら売りする」という発想がボク的にはすごくいいなぁ

と思ったんですよ。

電車の中吊りとか見て「あー、この特集読みたい!」と思っても、

そのために500円とかは出したくないし、
立ち読みするには、ちょっと分量が多い。
結局読まずに終わっちゃうって事って多いので。

読みたくないコラムとかとグロスで500円とか払いたくないけど、
読みたい記事になら100円だしてもOK!

っていうボクみたいな人間には嬉しい話。

週刊誌的には「好きな記事だけばら売りされても利益が出ない」って事になるのかもしれないけど、
読者としては大歓迎!
他の週刊誌もこの流れに追随してほしい所です!

というか、いっそ

電子書籍として最初に発刊!
人気のあったモノだけを追加取材とかして、紙の本誌に掲載

って、流れとかあっても面白いよねって思ったり。