君主論の著者が、予想に反して俗っぽい人間として描かれており、親近感を覚える。マキャベリの人生であると同時に、ルネサンスの滅亡も描いており、一級のエンターティメントになっていると思う。必読。

Leave a Comment