うさんくさい白の女王にも、おそらくバートン監督が心情的に寄っている赤の女王にも感情移入しずらいというチグハグなキャラクター描写。プラスとにかく影の薄い主人公。個人的には残念な感じの作品になってしまいました

Leave a Comment