はじめます。
まずは具体的な成果物は以下の通り。

  • ショートフィルムは「三歩さがって」「同窓会」
  • ラジオドラマは「お散歩ラジオ」さんで計3本
  • 携帯小説「リクルート進学ネット不器用なスタイリスト」

自己プロデュースが2本、受注物が4本。という内訳。

次。良かった事と今後の課題
1.「ごくごく」「三歩」で賞をいただく事ができた
2.「Quite Ordinary」年内に(ほぼ)5万ヒット。
3. ブログ、YouTubeの整備が整い、機能しだした
4. 新たな繋がりが生まれました
5. 上映機会の充実

1は既出だし、2は年明けにレポートまとめます。
ので3、4、5を個別に見ていきます。

3. ブログ、YouTubeの整備が整い、自社チャンネルとして機能しだした
2012年初頭からYouTubeチャンネルに力を入れ始めました。
再生数的には最近は伸び悩みつつありますが、順調に増えました。
2012-12-31_1206

2012年第一週には30再生/週だった物が、
2012年の最後の週では2051再生/週
ざっと68倍になったということですね。
購読者数も11人から69人と6倍以上になりました。

同時にここは大きな問題点が潜んでいます。
YouTubeのアクセスが「Quite ordinary」に偏りすぎているのです。
キラーコンテンツがあるだけでまだマシ、という判断もできますが、この片輪走行は危険だなーと思っています。

「必要だと思うのだけど、なんのために必要なのか」が掴めなかったブログ(正確にはサイト)は前半大きく迷走しまして、tumblrに移行したり、毎日書いてみたり、色々したのですが

結局は「作品情報」「制作日誌」「上映情報」「ウェブ動画関連の情報」辺りに絞って展開していく事でほぼ落ちつきました。

最近は検索エンジン経由での流入が増え、7月の時点では10%しかなかったものが、12月には48%に近づいています
検索エンジン経由の「ボクの友人」ではない人のアクセスが増えてきているのは、
中々いい流れだと思っています。
まぁ、まだまだ分母は少ないですが^^;

4. 新たな繋がりが生まれました
「お散歩神保町」さんをはじめ
「一緒に仕事したら面白そう」な人に何人か会う事ができました。

そして5. 上映機会の充実
上映会、映画祭に計11回参加しました。(「三歩」4回、「ごくごく」7回)
ほとんど毎月どっかでボクの作品がかかってくれた事になりまして、これは本当にありがたい事だなと思う反面、

「作品を見てもらう」ための自発的なアクションを取らなかったのは反省点。
「見てもらう事」は低予算映画の監督の重要な仕事ですし、
お膳立てしてもらえないと上映機会を作れないというのは問題。

最後。良くなかった事
1.シナリオコンクールは全敗
2.やることが多すぎて、オーバーフローを起こした

まぁ上記の事や、俺が最終的に目指している物なんかを考えた結果
来年はシナリオコンクールには出さない事にしました。

というわけでデータ的な事は以上。
すごく感覚的な事を最後に語ってみますと「見てもらう」という事を
こんなに意識した事は今までなかったなぁ
、と思います。

そして最近は子供の駄賃位でもいいから「お金に変える」事が頭の片隅にモヤモヤと浮かび始めています。

ではで、今年も一年どうもお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

よいお年を。