働く女子を代表する隼人くんの上司役、中村靖子さんをご紹介

舞台と映像、両方をバランスよくこなしてる靖子さん。
先日のCosmoFestaでも審査員、見に来てれたシナセンの友人共に「彼女が説教する所を見たかった」と言い、福岡の知り合いの監督からも「彼女を使いたい」というオファーをいただき(残念ながら実現はできませんでしたが)

ほんの1分に満たない登場シーンでここまでの存在感を出せる女優さんは貴重だよなと思います。

前々から気になっていた女優さんではあったのですが、
今回思いきってお願いしてみて、快くOKしてくれて出演と相成りました。
(ホントみんな快く引き受けてくれてありがとう)

シーン的には「時間経過」と「人物の状況」をサクッと短い時間でセリフで説明して、本筋へ戻すという、説明的なシーン。
その前のシーンが緊迫したシーンだったので、口直しといいますか、
少し映画の空気を軽くしたいなと思い、こういう感じになりました。

職場という雰囲気を出したかったので
「セミナーの準備のためにプロジェクターを調整している」
という設定にしたのですが、暗くて靖子さんと石井くんの表情が見えづらかったのは、失敗したかな……。と少し思ったりしています。


シェア大歓迎です。どうぞ自分のブログなり、SNSなりに貼り付けてください♪

次回は週末位にシトミ祐太朗君、いきまーす♪