ミュージシャンは、自分チャンネルを持って、もっと音源やイベントの様子を公開すべきじゃないのかね?
という話。

先日、知り合いのミュージシャンのライブに行きました。
ライブ自体は素晴らしかったので、満足して帰路につきました。

サポートで入っていた、アーティストがとても素晴らしかったので、
「この人の曲をもっと聞きたいなぁ」と思い検索。

サイトはありましたが、音源はないらしくて
彼の曲をオンラインで聞く事はできませんでした。

※実は一つ出てきました。本人が上げた物ではないみたいですが

(いい声だよね)

個人的には。
更新されてるかされてないか判らないサイトを作るよりもまず、
ミュージシャンはYouTubeにチャンネルを作るべきだと思う。

もしYouTubeにオリジナル曲が数曲でもアップされていれば
ぼくはそれを聞いたし。
良ければチャンネル登録した。

YouTubeには、説明テキストを入れるスペースもあるので、
そこに次のライブの日程なんて書いておけば、「この音源の曲を生で聴いてみたい」と思って路上ライブとか、ひょっとしらライブハウスまで足を運んだかもしれません。

ストア機能もあるので、アルバムもそこから買ったかもしれません。

歌は旨いのに、リピーターを作るためのスキームを全く用意していないのは、とてもモッタイナイと思うし、これからのアーティストには必須の作業だと思うんだけどな。

ちなみに上記はボクの実体験からの感想ですが
以下の本でも「ライブとソーシャルメディアの補間関係」についてよりシステマティックに解説されてました。

音楽業界人必読だと思う。