『レバレッジリーディング』 by 本田直之
氏の本は、これが初というわけではないのですが、これまで読んだ氏の著作の中では最も、ユニークでかつ面白く、かつタメになりそうだ、と感じた本。
とにかく氏の提唱する多読の定義がすごい。
「つまらないと思ったら、さっさと捨てろ」
「本は全部読むな」
「読破する時間を想定してから読め」
「目的意識を明確にしてから読め」
等等。
勝間氏が言う速読とは、全く概念が違うし、正直こっちの方が実行性がありそうな気がする。
というわけで、今後は僕も、ビジネス書に関しては多読、の方向で進めようと決めた。
文字通り目から鱗が落ちる本。

Leave a Comment