五年後の売れっ子ライター、アキオにリマインドされて見ようと思っていた

ゲキバカ「シェイク」を初観劇。
ロミオとジュリエットをやる筈が、初日前日に用意された舞台はなぜか土俵!どうするの?

という状況で、個性あふれるキャラクターが右往左往する
という内容。

役者個々人の能力が一様に高く、芝居やパフォーマンスで魅せてくる。
後半、土俵版ロミジュリのリハーサルが少しくどいかな、と後から思い返すと感じたのだけど

上記の理由で、観劇中は純粋に面白く見れた。
なんだろう……。

小劇団愛に溢れた舞台でしたよと。
残念ながら昨日が千秋楽。