『夢の守り人』 by 上橋菜穂子
チャグムとバルサを主人公にした異世界ファンタジー。第三巻
3巻の影の主役は、タンダとトロガイという魔術師2人。
これまで以上に、イメージの世界というか、脳内で如何様にも、形作る事のできる世界で物語が展開されています。
2巻では、全くの出番なしだった、チャグムも今回はしっかり大活躍。
一巻では、顔見世程度の活躍しかしてない星詠みのシュガ、なんかもかなり前面にせり出して来て、いよいよもって物語の主要人物の紹介が終わったのかな、という印象もあります。
物語的には、登場人物均等に活躍しているために、逆にどの人が主役なのか見えづらい事にもなっています。
物語を牽引していく人物が誰もいない・・・みたいな。

Leave a Comment