長い長いトンネルの先に、
ついに次回作のシナリオの第一稿の、更に初版が出来た。
長かった。
正直、、、
「このシナリオはいつまでたっても完成しないのではないか、いっそ破棄してしまった方がいいんじゃないか?」と何度思ったことか。
何度も、破棄しかけて、「僕なんか才能ないんだっ!」っとベッドにダイブし
別の話を考え始めると「まてよ?」ともやもやしたものがココロの中に生まれ、また机に向かう。
という事を、ほんとーーに何度繰り返した事か。
とりあえず最後までたどり着いた今となっては、
「設定にムリがあった」
事が一目瞭然なんだけど、それに気がついたのは今日の
19時。
いや、気がついていたんだけど、ついにその設定に見切りをつけられたのが今日の19時。
それまではどんだけバージョン違いを作っても、必ず同じ所で筆が止まってしまって(10P前後)
「うーーん」「うーーーん」「うーーーん」
「僕なんて才能ないんだっ!」
ベッドにダイブ
を繰り返していたのだった。
ちなみについに設定に見切りをつけてからは、もうスルスルと話が進む。
都合6時間で、残り16ページを全く新規に書き下ろした。
総枚数は、過去最高の26P。
今週一杯、推敲を重ねて、発起人に、お見せしようと思っている。
でもって。今日は、拙作「鈴の音は死神のささやき」が、融解座にて上映されるよん。

Leave a Comment