『フィンランド豊かさのメソッド』 by 堀内都喜子
フィンランド留学をした著者による、フィンランドってどんな国?的なフィンランド入門書的内容。
近年、学力調査や、国際競争力で、上位にランクされる事で、注目を浴びているという事もあり、
この本の内容も、フィンランドの教育制度について、とても大きくページを割いています。
高い失業率の反動という側面もあり、生涯学習という概念が広く浸透している点などは、日本でも見習うべき点があると思う。
また、充実じた福祉制度にも、触れていまして、幾ら税金が高くても、使途が明確だったら払う気にもなるのにな・・・と少しうらやましく感じたりもしました。

Leave a Comment