『企画の教科書』 by おちまさと
不勉強にして、おちまさとさん、という人をあまり良く知りませんでした。
テレビ番組の企画を、よくやっている方、という事のようです。
内容は、教科書、とある様に、いかに企画を生み出し、企画会議を通し、形として行くのか、ついて。
企画書の書き方、といった内容は、バッサリ切り捨てて
頭の中身、どうやって企画をひねり出すのか、という所に重点が置かれている。
読み物としては、とても面白いのだけど、教科書というには、普遍性と再現性が高い内容ではないのではないか、と思ったりもした。
読んだら、すぐに企画が出てくる、という類の者ではなく、それを期待して読む物でもないかな、という印象でした。

Leave a Comment