『名探偵の掟』 by 東野 圭吾
個人的には、あまり東野さんの作品との相性がいいとは思わない僕ですが、この作品もやはり
思った程には・・・という感じでした。
先の放映中のドラマを見て、興味を持ったのですが、
ドラマはどうやら、完全に原作とは別物のようです。
ミステリーのお約束事を、当の探偵自らがシニカルに笑い飛ばして見せるというのが、本書の醍醐味だと思うんでうsが、できれば、もっと徹底的に笑い飛ばしてしまった方が個人的には面白かったかな、と思いました。
小説ではないですが「スクリーム」や「魔法にかけられて」の様に。

Leave a Comment