20120918-100518.jpg

「ごくごくふつーのっ!」を流していただけるので、
第21回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 » レインボー・リール・コンペティションに行って来ました。

主役の韮崎先生を演じた保田さん。
急遽参戦することになった初狩君役の祁答院くん。
そしてボクの計3名で参戦。

300~400席の会場は満席で、
作品上映中もかってないほどの笑いの渦で
(なぜそこで笑う?という箇所多数)

この作品は最後まで賞には今一歩届かなかったけど
(今回は『艶子』があまりに素晴らしすぎた)

色んな人に見てもらえて、笑ったりしてもらえて、
そしてこれからのなっがいなっがい映画制作道を、

交わったり
各々単独行動したり

しながらも、
同じ時間を映画を作るという事に捧げる人達との繋がりを作ってくれた、
という意味で

ボクにとっても、すごく大事な作品に成長したなと。
ちょっと感慨深い物がありました。

と、まぁまるでこれが終いのように書いてますが
まだ「ごくごくふつーのっ!」は大画面でも流れますよ!
詳しくは明日告知しますけど、Youtubeだったら以下でご覧いただけます。


国内版復活させました!

でもね!
今日スクリーンで見てきて、「あれ?久しぶりに見ると思ったよりも、この作品いいじゃん」と思った僕的には

やっぱり映画は大きな画面で見るのがいいですよ!

次は四国なんで。
四国の方はこれを機会にぜひ!