『小飼弾の「仕組み」進化論』 by 小飼弾
僕は実はご存知なかったのでありますがαブロガーとして有名な方
だという事です。
勤務時間の2割で、通常業務を回し、残りの8割で新しい仕組み造りを模索するべきだ、という事を提唱されているようです。
通常の実用書のように「○○をやれ」といった具体的生活改善チップスみたいな物は全くなく、「仕組み」という物にフォーカスが置かれています。
やれ仕組みとはどういう物か、どう使うのが効果的なのか、仕組みとはどう作り出すのか、などなど。
実用的かどうか、というよりも、様々な分野から引用される知識の豊富さと、それを仕組みというものに紐付けて語られるのが、純粋に読み物として面白かったです。

Leave a Comment