『断る力』 by 勝間和代
もうれっきとしたカツマーのボクですが、この本は正直彼女のこれまでの著作の中では
あまりパッとしない本だと感じました。
結局の所、この本を最後まで読んでも、彼女が最終的に言いたかったのは、何なのかが皆目検討もつかなかった。
これまでの勝間さんの著作は、論理展開が実ははっきりしていて、文字を追ってさえいれば、最終ページでは彼女の言わんとした事がストンと腹に落ちていたのだけど、
この本は最後まで「で?結局何のために、何をしましょう」と言っているのかが、イマイチ納得が行かなかった。
じぶんで買わなくて良かったな、と思った本でした。

Leave a Comment