『心霊探偵八雲4』 by 神永 学
ヒロイン晴香が、例によって事件に巻き込まれ八雲に泣きつく、という展開から、ネタバレしまくりながらも、猛スピードで突っ走っていく。
キャラの造詣にも、話の展開にも、ちっとも目新しい物はなく、文学的な価値もないだろうけど、なぜか新刊が出る度に買ってしまい、しかも待機本として積まれている期間が、割と短い本でもあります。
こちらの期待を上回る事もないけれど、それなりの物をコンスタントに提供してくれる、感じでしょうか?
今回は、話の土台部分はそれはアッサリと見切れてしまったのですが、それでも最後まで飽きずに読ませる辺りが手堅い実力を感じさせます。

Leave a Comment