『まほろ駅前多田便利軒』 by 三浦しをん
便利屋といいつつ、殺しだったり、探偵だったり、大きな事件に巻き込まれてしまう小説は一杯あるけど、この小説の便利屋は基本的に、「自分でも出来るけど、メンドクサイので人にしてもらってもいい仕事」ばかりをしている点がまず良い。
依頼内容が派手じゃないので、小説の中身もハラハラドキドキという事にはならず、終始ゆるーい展開で進んでいく。キャラクターは、中々に魅力的で、行天、由良、ルル、星とのやりとりを楽しく拝読した。
後半多田の過去が明らかになる辺りが、ベタで、少し説教臭い感じがしたものの、全体としては楽しく拝読いたしました。

Leave a Comment