既に一昨日の土曜日は、とにかく忙しい一日でした。
渋谷で自主映画仲間の飯田さんとブツの受け渡しの為に、会合、軽くお互いの近況を話して14時半頃散会。
その後、融解座の「ツネオブロッサム」に参加するために、副都心線にのり池袋方面へ向かいました。
なぜ?
副都心線か、と言いますと
現在製作中の作品に、出演してもらってる広江美奈さんが
前回の撮影時に「高田馬場」のティーヌンというお店のトムヤムクンラーメンが滅茶苦茶おいしいんです!
とおしゃっておられて、実は物凄く惹かれていたのです。最寄は西早稲田駅って事だったので、これを機にぜひ食わねばならない、と副都心線で、西早稲田まで行き
食べてきました!
トムヤムクンラーメン。
一口目。
実は「これはナシでしょ?完食できないかも」・・・と思ったんですが
なんつーか、辛くて、すっぱくて、むせそうになりながらも、かっぱえびせんモードになってしまう食べ物で、結局無事完食!
全身の毛穴から、汗ツユダクな感じになりながら食べました。
なんか、突如発作のように食べたくなりそうな、ユニークな味。
広江さんとは、小作のほうとうについても、意気投合したので、味覚が近いのかもしれません。
でもって、融解座へ。
昨年、急逝された泉常夫さんの追悼上映会「ツネオブロサッム」に参加してきました。
2日間、ビッシリ泉さんの作品ばかり公開されるという贅沢な企画。
僕が会場についた時にはちょうど、泉さん若かりし頃の作品が始まった所でした。
全部で、3作品しか見れなかったんですが特に面白いと思ったのは「20s-20’c」というドキュメンタリースタイルの作品。
インタビューを受けている人達、多分当時の僕と年代が近いと思うんですよね。
ご存知のように20世紀末の頃は、こんな世界的な大不況になるなんて夢にも思ってないし、9.11すら起ってないので、どことなく発言がノーテンキな感じで、今日と変わらない少し退屈な明日がずっと続いていく、というニュアンスが発言の端々に感じられて、「そうだよな。あの頃は、こんなにギスギスした時代が来るなんて思ってなかったよな」と感慨深かったです。
本当は最後まで見ていたかったんですが、何度も僕の作品に出演してくれている、ぴかさんのバンド「meat-bowl」のライブを聞きに、大塚に。
ぴかさんのライブはこれで3回目。
巧拙はともかく^^;
楽しそうにやってると、好感が持てるというもので、楽しく過ごす事ができました。
ちゃっかり打ち上げにも、居座ってしまいましたが、それも楽しいがゆえの事。
一日本当に忙しかったけど、充実した内容でした。
でもって今日は、一日編集三昧。
今週から来週にかけて、仕事が年度末の佳境に入るので、平日はあまり出来ないかもしれない・・・と思って
とにかく全編ザックリザックリ繋いで見ました。
幸いな事に、素材が足りないというのは無く、致命的なミスも一箇所だけなんで、
そういった意味での追加撮影は無さそうです!
ちなみに、
OPとか、タイトルとか、ENDとか、まだ入ってないシーンとかを除いて
12分位。
予定では14分なので、ほぼ予定通りの尺でしょうか。
10分以上15分以内を、目指してます。

Leave a Comment