ポストYoutube的なポジションにある動画共有サイトVimeoが新機能を追加しました。Dropboxに動画を入れると自動的にvimeoに投稿されるという機能が目玉らしいです。

個人的には、この新機能自体は「勝手にあげられても困るがな」という感じで
それほど嬉しくはないのですが、

それでもVimeoにはYoutubeにはない長所もあって気になる存在です。
そこで今回はYoutube、Vimeo、それぞれの動画共有サイトのメリットを僕の独断で上げていこうかなと。

ちょっと待て!ニコニコ動画はどうした?という方もいるとは思うのですが
ぼくはニコニコ動画使ってないし、普段閲覧もしないので、今回は対象外とさせていただきます。

やった方がいいんでしょうかね?ニコニコ。

それでは行ってみましょう。

まずはVimeo側
・デザインキレイ!
・サムネイルが自由に選べる
・アップされている動画が秀逸な物が多いので、自分もプロっぽくなった気になれる
・広告が少ない

主に見た目の部分ではVimeoの方が断然エッジが利いてるという印象です。
クリエイター系が好んで使うのも、その辺りだろうな?と。

次に
Youtube
・検索の強さ
・サイトの集客力の高さ
・アナリティクス機能の充実
・収益プログラムの充実
・日本語対応してるので、更新が楽

いかに集客に、集金し、集めたデータを元にマーケティングするか、的な
ビジネス目線のメリットばかりが上がりますね。
いけすかない感じです^^;

「とにかくたくさんの人の目に触れる」事を前提に活動している、るかっち的にはYoutube本体の集客力の高さと、検索性はデザインのダサダサ具合を補って余りあるYoutubeのメリットだと思います。

それと、これは印象ですが
Vimeoの動画はブログやサイトに組み込まれた状態で視聴する事が多い印象があります。

その場合、組みこむサイトのアクセス数が高くないと、動画の再生数も上がらない。結果動画制作に割くリソースと同等か、それ以上のリソースをサイト制作と運営に費やさなくていけない事になるので、

やはり個人的には、どんなにかっこよくてもVimeo一択は現時点ではありえないなーという結論に至ります。

まぁ僕がメジャーになれる事態がくれば^^;
見た目のかっちょよさ優先でVimeoで、という事もあるかもしれません。
(まぁないでしょう……TOT)

そんなわけで、僕がVimeoでコメントの返事をしなくても怒らないでね^^;

ちなみにランチボックスのYouTubeチャンネルはこちら!
名称未設定-2